2018年6月27日水曜日

偏差値65以上の中学受験生へ最適な家庭教師の見極め

御三家・筑駒の合格を確実に引き寄せる


【ターゲット校】男女御三家・筑駒

ここまでの受験勉強は順調に来ているといえるでしょう。トップ校の合格を磐石なものとするために、「入試での得点力を高めること」と「弱点を確実につぶすこと」を意識してください。留意すべきポイントは以下のとおりです。

1.同じ分野で失点を繰り返していないか

模試の点数がどんなによくても、入試本番で弱点分野がピンポイントで出題されては意味がありません。経験豊富な家庭教師は、模試の点数のみで実力を判断せず、隠れた弱点を的確に見抜きます。

2.算数の応用問題・国語の記述問題で、どれだけの部分点を取れているか

最難関校に実績のある家庭教師は、合否を分ける応用問題・記述問題での得点法に精通しています。多くの受験生が失点しやすい箇所で得点が取れるようにすることで、合格をより確実なものとすることができます。

3.過去問でどれだけ点数が取れているか

月例テストの成績がいくらよくても、入試で得点できなければ合格できません。各校の傾向を知り尽くしたベテランの家庭教師は、過去問をどのように使い、どの部分を伸ばすべきなのかを熟知しています。

過去問を軸とした志望校対策は、塾の学習と平行して家庭で行うものです。学習会の家庭教師は、生徒の状況や入試までの残り時間から、いま本当にやるべき勉強だけを抽出した学習プランを立てることが可能です。 豊富な経験と実績を持つ家庭教師ほど、スケジュールが早く埋まりがちです。トップ校の合格を磐石なものにしたいとお考えの方は、お早めにお問い合わせください。

中学受験対策のご相談・お申し込みはこちらから


お電話でのお問い合わせ:03-6425-9495 平日11:30-19:30

サイトからのお申込み

お申込み・お問い合わせ »こちら

偏差値60前後の中学受験生へ最適な家庭教師の見極め方

中学受験 家庭教師の利用例 

偏差値60前後の中学受験を目指す生徒に対する、家庭教師の利用例をご紹介いたします。

御三家・筑駒の合格を掴み取るために必要なこととは?


【ターゲット校】男女御三家・筑駒・早慶附属……etc

新6年生に上がる段階で偏差値60前後の点数を取れている生徒は、ほとんどの場合あと一工夫で最難関校に手が届く学力まで到達するポテンシャルを持っています。トップ集団との差を埋めるためには、本来の力を出し切れていない原因を1日でも早く取り除くことが必要です。

偏差値65以上のグループとの差を生んでいる原因として、以下のようなものが考えられます。

1.苦手単元をそのままにしてしまっている

弱点となる分野を集中的に補強するには、塾のカリキュラムとは別のスケジュールを立てる必要があります。熟練した家庭教師なら、塾のカリキュラムをこなしながら弱点補強も行える勉強プランを組むことができます。

2.センスのみに頼った解き方をしているせいで、得点状況にムラが生じている

同じ分野・単元でも、点を取れたり取れなかったりしていませんか? それは「直感的になんとなく」という、あやふやな解き方をしている可能性があります。家庭教師ならば、解き方のプロセスをつぶさに検証したうえで、考える力を伸ばすことができます。

3.本人の意識がまだ完全には受験に向かっていない

親子間で志望校のすりあわせはできていますか? 入学後のヴィジョンは描けていますか? 合格後も含めた長期的な目標があるか否かで、勉強への取り組み方は目に見えて違ってきます。こういったモチベーション管理は、学習会の家庭教師・教務スタッフの得意分野です。

過現在の偏差値だけで志望校を下げる必要は全くありません。御三家・筑駒という最難関校に合格するという目標を掲げ、モチベーションを高めていくことで、合格へのステップを1歩1歩着実に、かつスピード感をもって登っていくことが肝要です。

中学受験対策のご相談・お申し込みはこちらから


お電話でのお問い合わせ:03-6425-9495 平日11:30-19:30

サイトからのお申込み

お申込み・お問い合わせ »こちら


2018年6月25日月曜日

考える力って何だろう?

こんにちは。

学習会では「考える力を鍛えよう」というスローガンを掲げていますが、
今回は、この考える力について考えてみます。


思考力を伸ばすことを謳っている塾もたくさんあります。

「思考力」・・
似ていますね。何が違うのでしょうか?


我々は考える力について、
もう少し広く捉えています。


中学受験に必要な考える力とは・・


  1. 応用力
  2. 質の高い基礎
  3. 知識が増える学習習慣


学習会ではこのように捉えています。


一つひとつ見ていきましょう。


中学受験を突破する応用力


例えば、読む力、理解する力、気付く力、組み立てる力、工夫する力・・・
こんなところでしょうか。
持っている知識を使う力です。

これによって、「初めて見る」どんな問題でも解くことができます。



中学受験に挑むための質の高い基礎


応用力を支えるのが、質の高い基礎です。

例えば、台形の面積。

(上底+下底)×高さ÷2

このような公式を単に憶えたものは「知識」であって
応用力を支える「基礎」にはなりません。

ただの知識は忘れてしまえば何の役に立ちません。

「台形の面積?公式知らないから出せないよ」

こうなってしまうと、
頭を一切使いません。


こんな感じで見えてくれば、
三角形が2つ、から出せますよね?

こんな風に思考の元になるような質の高い基礎を習得しましょう。


中学受験に必要な知識が増える学習習慣


知識も大事な要素ですが、週テストが終わったら忘れてしまうようでは困りますね。

漢字を例にとってみましょう。
何も考えずにただひたすら書いてもなかなか憶えられませんし、定着しません。


音、訓、部首に着目することが大事です。

「ごんべん」だから人に何かを伝えるんだな、とか、
吾と組み合わせて語るだな、とか。

人間はコンピュータとは違います。
興味の無いもの、エピソードの無いものを暗記することは苦手です。

関連付けるなど一工夫することで、
知識が増やしやすくなり忘れにくくなります。

いかがでしょうか。

6年生6月くらい、単元学習から総合演習に変わるころ、
塾の順位が大きく入れ替わります。

単元テストで取れなかった子が、
急に実力テストで飛躍することがあります。

伸びる子と伸び悩んでしまう子を分けるのが、
この「考える力」です。


中学受験専門塾 学習会へのご相談・お申し込みはこちらから


お電話でのお問い合わせ:03-6425-9495 平日11:30-19:30

サイトからのお申込み

お申込み・お問い合わせ »こちら
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
中学受験情報はこちらから