2018年11月9日金曜日

【小3の壁】小学3年生がつまづきやすい算数の問題とその対策とは?



小学1年生〜2年生までは楽しく勉強していた子どもが、小学3年生から苦手科目がでてきて、勉強につまづきはじめます。

これを「小3の壁」や「9歳の壁」といったりします。

その中でも一番苦手意識を持ちやすい科目は算数です。

小学3年生の時になぜ算数に苦手意識をもってしまうのか、そしてその対策はどうすればよいかを紹介します。

算数は、中学受験で差がつきやすい重要な教科です。小学3年生の時にしっかりとフォローしておきたいものです。

【小3の壁の原因】なぜ小学3年生になると算数が苦手科目になるのか?


繰り上がりや繰り下がりの計算も増え、さらに空間把握能力が問われる図形問題も3年生から出題されます。

それから時刻をあつかっていたものが時間を扱うといったように、具体的なものから抽象的なものを扱うようになります。

さらに時間と距離の問題といった文章問題に対応するための読解力も必要です。

このように、2年生までの基礎学力の定着とそれを使いこなす応用力、抽象的な概念の理解、読解力などが問われ始めてくるのが3年生なのです。

【小3の壁のポイント】小学3年生がつまづきやすい算数の2つの分野とは?


小学3年生でつまずきやすい問題は「時間と距離の問題」と、「足し算、引き算の計算式の順番を変えて◻の内容を求める計算」といわれています。

これらは、中学受験の算数のなかでも特に苦手な子どもが多いといわれる、「つるかめ算」や「旅人算」の基礎となる問題です。

例えば、以下のような問題です。

----------------------------------------------------------------

・時間と距離の問題


「たろうくんは午前10時15分に家を出ました。家を出てから32分後に図書館に着きました。その後しばらく本を読んで、午後12時45分に図書館を出ました。途中、コンビニによって買い物をして家に帰ると、家に着いた時こくは午後2時12分でした」

(1) 図書館に着いた時こくは、何時何分ですか。
(2) 図書館で本を読んだ時間は、何時間何分ですか。
(3) 図書館を出て、家に帰り着くまでに、何時間何分かかりましたか。
(4) 家から図書館までは2km100mあります。また、図書館からコンビニまでは800mあります。家から、コンビニまでの道のりはどれだけですか。

----------------------------------------------------------------

・足し算、引き算の計算式の順番を変えて◻の内容を求める計算


あめが□個ずつ入っているふくろが4つあります。あめの数は全部で36個です。ひとつのふくろに入っているあめの数は何個でしょう?

----------------------------------------------------------------

高学年になってから「つるかめ算」や「旅人算」で苦労しないためにも、しっかりマスターしたい問題です。

ただ、これらの問題をしっかりと正解するには、距離や時間といった概念の把握、正確な計算力、文章題を理解する読解力が必要です。


【小3の壁対策】小学3年生から身につけておきたい算数を苦手にしない3つの対策


・九九を丸暗記だけではなく掛け算の概念を説明できるまでに理解する


3年生の抽象的な問題に対応するためには、まず九九を丸暗記していないといけません。

大人からすると『九九なんて簡単だろう』と思うかもしれませんが、2年生の最後の春休みが明けた後、3年生の最初の授業で、九九をすっかり忘れてしまった子どもが多いことは事実です。

どの段からでも正確にすばやく回答できるように長期休暇の際には勉強のフォローをしてあげてください。

そして、九九をただ丸暗記するだけではなく、掛け算とはどういうことなのかを理解していなければなりません。

「しさんじゅうに」の意味を理解できるように


3年生の算数でつまづく子の多くは九九を暗記していなかったり、九九は暗記しているけれども、掛け算の概念を理解していないといった特徴がみられます。

それは、「しさんじゅうに」を暗記しているけれども、4という数字が3つ分集まって合計12になるとか、3という数字の4つ分も同じ数になるといった掛け算の概念がいまいち理解できていないといった状態です。

子どもが九九を暗記できていたら、掛け算の概念を理解しているかどうか確認してあげてください。

もし、理解していないようであれば教科書には掛け算の概念を説明するためにイメージ図などを使って解説してある箇所があります。

教科書を使って、子どもが掛け算の概念を理解できるように手助けしてあげてください。

・抽象概念を理解できているか確認するには、説明させること


4年生になると「三角形の面積=底辺×高さ÷2」の公式を勉強しますが、公式を丸暗記するだけの子どもと面積とは何か?2で割る意味は何か?と考え続けられる子どもとではその後の学力に大きく差がでてきます。

子どもに単純に公式を丸暗記させ、数字を代入させるような解き方を教えていないでしょうか?

抽象概念をしっかり理解できているかどうかを確認するために、子どもにいろいろな概念について説明させましょう。

面積とは何か?

正方形や長方形の面積の公式、縦×横は何を表しているのか?

平行四辺形の面積は、なぜ一辺×高さなのか?

概念を説明しようとするためには、情報を頭の中で整理し、何がポイントなのかを理解しておかなければなりません。

質問することでその情報の整理と理解が始まります。

・文章題を理解する読解力の強化


3年生になると文章問題が増えてきますが、ここでつまづく子どもは「文章の意味がわかっていない」ことが多いです。

つまり、読解力がないために質問の意味がわからないというケースです。

「読解力」というと国語の読解力と混同する人もいるかもしれませんが、国語のそれとは少し異なります。

国語で求められる読解力は「文章中の筆者の主張や登場人物の心情、感情の変化を読み取る力」です。

算数で求められる読解力は「この問題文は、要するにどういうことを問うているのか?与えられた条件は何なのか?を読み取る力」です。

できない子どもの多くは、問題文を丁寧に読まず、問われていることを理解できていないのに、でてきた2つの数字をかけてみたり、足してみたりしてしまいます。

たまに正解することもあるのですが、そのような子どもに対して、文章を少し変えてみたら、どう解いていいかわからず固まってしまいます。

文章題が苦手な子どもに対しては「この問題は、要するに何を聞いているの?」と質問して、答えさせるトレーニングをしてください。

この質問をすることによって、子どもは「何を聞いているんだろうか?」と深く読み込もうとするスイッチが入ります。

「1mmは、1cmを何等分した長さなのか説明できる?」という単純な質問でもいいです。

文章題を理解する読解力がまだ身についていない子どもは、このような簡単そうに思える質問でも「よくわからない」と回答することが多いです。

その時は、「どの部分がわからなかったの?もう一度一緒に読んでみようか」と促して、どの部分が読み取れなかったのか、子どもがつまづいている原因を明確にしてあげてください。

「この問題は、要するに何を聞いているの?」

解けなかった文章題があったら、子どもにこのように質問してみてください。


小3の壁を乗り越えるには、楽しく勉強させて習慣化させることがポイント


上記の算数を苦手にしない対策の他に、そもそも日常から楽しく学ばせる状況を提供することが大切です。

小学3年生では時間と距離、リットルといった体積の単位もでてきます。

子どもに日常的に時間について聞くのもいいでしょう。「ゆでたまごをゆでるにはどのくらい時間がかかるか知っている?」とか。散歩やドライブにいく機会があれば、「いまどのくらいの距離を走った?」とか。

牛乳パックを指さして、この牛乳は何リットル入っているか知っている?とか。

ボールを見つけたら、半径や直径のことについて質問してみましょう。

子どもの知的好奇心を刺激する質問は無数に作ることができます。

日常から質問をつくり、知的好奇心を刺激した後は、並んで机に座って、算数ドリルを解きましょう。

小学3年生くらいの子どもにとって、親との会話は楽しい娯楽の一つです。

親との会話のきっかけとして勉強を自然と取り入れ、机に座ることを習慣化させることがポイントです。

算数は経験豊富な先生に習うと好きになる⁉


国語、理科、社会の暗記分野については、特定の分野が好きだったり、その分野を重点的に勉強することで成績を上げることは可能です。

しかし、算数については暗記だけというわけにはいかず、算数力を上げるには、「掛け算、割り算、分数、少数、面積、体積、比、・・・」といった抽象概念の理解を深めていくことが大切です。ですので小学生の算数の指導は経験値が求められるのです。

進学塾では、算数の授業は算数の専門の先生が担当します。だから、学校の算数が嫌いで苦手な子が、塾では好きになったり得意になったりすることも多いのです。

ポイントになるのは「気付き」です。教わるだけではなく、自力で問題を解くことで「あっ!」と気付くことがたくさんあります。その瞬間は楽しいものです。

算数が好きな子は、問題を解くことが楽しいものです。良い授業を受けて算数が好きな子に育てましょう。

小学校の算数が苦手でも中学受験は大丈夫


確かに、中学受験は算数が要になります。学校の算数が苦手だと、受験算数はさらに難しいと躊躇するかもしれません。克服して受験を成功している生徒がたくさんいます。お気軽にご相談ください。


お電話でのお問い合わせ 平日11:00-19:30

 >> 03-6425-9495 

サイトからのお申込み・お問い合わせ

 >> こちら

学習会は以下のSNSも利用しています




学習会 Google+

中学受験に関する情報や勉強方法などのコツを配信しておりますので、
お気軽にフォローお願いいたします。

いま読まれている記事 >> 早慶に合格者を出し続けている意外な中学校5校とは?


2018年11月2日金曜日

小学3年生から塾に通わせる必要はあるのでしょうか?


小学3年生になると、周りに塾に通い始める生徒が増えてきます。

そのような状況に流されて、すぐに子どもを通塾させる親御さんがいらっしゃいますが、その前に本当に3年生から塾に通わせる必要があるのか考えておくことが大切です。

塾の必要性について、中学受験をするかしないかの場合にわけて説明いたします。

小3の壁とは?小学3年生から勉強のフォローが必要


小学3年生から塾に通わせる必要があるかはともかく、家庭で勉強をみたりといった何らかのフォローは必要です。

なぜなら、小学3年生になると学習内容の難易度がぐっとあがるからです。

国語では、3年生から一年間に習う漢字の量が一気に増えます。文章問題でも、抽象的な表現が増えてきて、これまで以上の語彙力がなければ読解できません。

算数では、分数や割り算といった2年生までに習った九九をしっかりと覚えて応用しなければならない問題が増えてきます。

繰り上がりや繰り下がりの計算も増え、さらに空間把握能力が問われる図形問題も3年生から多く出題されます。

それから、理科と社会が始まるのも3年生です。

このような学習内容の急激な増加、難化によって、たくさんの子どもが勉強につまづいてしまいます。

これを「小3の壁」、「9歳の壁」といいます。

子どもにこの壁を乗り越えさせるために、何らかの勉強のフォローが必要でしょう。

小3の壁を甘く見ないこと。子どもの将来の勉強への姿勢を見据える


保護者の中には小3の壁を重要視されていない方もいらっしゃいます。

自分自身が勉強が得意で小3の壁を感じなかったり、勉強は小3だけ難しくなるのではなく、この先どんどん難しくなっていくものだという認識があるからだろうと思います。

しかし、小3の壁を甘くみてはいけません。低学年で勉強に関する挫折を味わうと、子どもの将来の勉強姿勢に大きく影響します。

勉強人生は高校卒業するまで約10年間続きます。大学に行けば追加で4年。

社会に出たら座学は減るかもしれませんが、上司や同僚からいろいろなことを学び取って成長していかなければなりません。

小学3年生で勉強嫌いになり、『自分は勉強は苦手だ、自分は頭が悪い』といった自己否定の認識をこの先10年以上持ち続けるのは子どもにとって不幸でしかありません。

それよりも、小3の壁という存在が予めわかっているのであれば、その克服のためにフォローをしてあげて、子どもに『自分はやればできるんだ。努力すれば壁は乗り越えられるんだ』という自己肯定感をもたせてあげましょう。

自己肯定感とは、自分の存在意義・存在価値を認める感情のことをいいます。

自分自身を肯定して、前向きに自分を評価して、積極的に自分を認めるということです。

勉強に関する自己肯定感が高いと、学校の授業や塾の授業にも積極的になり、自分で本を読んだりと、自学自習できるようになります。

中学、高校、大学、そして社会人になっても自学自習して成長していける子どもにしたいものです。

中学受験をさせない場合でも、小3の壁を乗り越えさせてあげたい


まずは2年生の基礎学力を定着させておきたいです。

算数では、九九を完璧に覚えていることが大切です。

完璧に覚えているということは、どの段からでも、すばやく答えを出せるということです。

3年生で習う掛け算の筆算や割り算、分数が出てくる度に九九を間違ったり、答えが出るのに時間がかかっていたりしていては、授業についていけません。

漢字も2年生までに習った漢字を覚えるのはもちろん、漢字を覚えるために毎日勉強するという習慣を身に着けさせておきたいところです。

また、机に座って勉強することだけが勉強ではありません。

新しくはじまる理科や社会を理解するためには、遊びや生活のなかでたくさんの自然や様々なニュースに触れておくことも大切です。

中学受験をさせるつもりはないとしても、子どもにいろいろな経験をさせてたくさんのことを学ぶサポートをしてあげてください。

中学受験をさせる場合、小学3年生からやっておきたいこと


中学校は公立ではなく、私立に進学させたいと考えている場合は、中学受験の内容が特殊で、ハイレベルな試験内容になっているため、現状は通塾が必須といえます。

そのため中学受験を考えている場合は、まずは塾の中学受験カリキュラムのスケジュールを知っておくことが大切です。

一般的な中学受験専門塾では、3年生の2月から『新4年生』として中学受験カリキュラムが組まれています。

この『新4年生』のカリキュラムを好スタートさせるために、3年生の夏ごろからいくつかの塾の説明会に参加し、秋から冬ごろに検討段階の塾の体験授業に参加するのがいいでしょう。

3年生
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月

塾説明会への参加

体験授業への参加

新4年生スタート

新4年生のカリキュラムは、通常1日3時間の通塾を週2日です。

しかも通いっぱなしではなく宿題もあります。勉強に慣れていない子ほど、前々から少しずつ机に向かわせて勉強をさせるといった助走をつけておく方がいいです。

低学年ほど少しずつ勉強に慣れさせるといったフォローをしておかないと、勉強嫌いになって中学受験カリキュラムについていけなくなります。

子どもに負担なく勉強を習慣づけさせるために、子どもの性格にあった塾選びが大切になります。

塾説明会や体験授業への参加の機会を十分に活用してください。

小学3年生から通塾を考えるときは、まずはいろいろな塾に足を運んでみることが大切


小学3年生になると学習内容が一段と難化するため、子どもの勉強に対して何らかのフォローが必要だということを説明しました。

本来学びというものは『わからなかったものがわかるようになり、見る世界が広くなる』楽しいものです。

子どもにもそんな楽しみを味わいながら成長していってほしいので、『小3の壁』なんかにつまずかせないようにしたいものです。

読者の皆様はぜひ、『小学2年生までの基礎学力の定着』を念頭に子どものフォローをなさってください。

そして中学受験を考慮しているのであれば、小学3年生の2月から中学受験カリキュラムがスタートしますので、早めに塾の情報収集をしてください。

小学3年生の正規のカリキュラムはないからこそ、塾の指導方針が色濃くでる


いろいろタイプの塾があります。その中から子どもの性格や習熟度にぴったりあった塾をみつけることが中学受験成功の第一歩です。

前述のとおり、小学3年生の2月から『新4年生』の中学受験のカリキュラムが始まるので、それ以前の小学3年生向けの正規の中学受験カリキュラムはありません。

つまり、小学3年生向けのカリキュラムは比較的自由度が高く、塾の指導方針によってさまざまな指導スタイルがあります。

大きな教室でグループ授業をする塾、机一つで個別指導をする塾。

先取り指導をする塾、詰め込み型の指導をする塾。

どの指導スタイルが正解かはわかりません。

ただ、子どもにあった指導スタイルを選ぶことが大切です。

まずは、いろいろな塾に足を運んでみてください。

中学受験対策のご相談・お申し込みはこちらから


学習会は東急目黒線・大井町線 大岡山駅から徒歩2分のところにある中学受験専門塾です。

中学受験対策のご相談など受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ 平日11:30 - 19:30

>> 03-6425-9495

サイトからのお申込み・お問い合わせ

>> こちら

学習会の3年生プレクラス開講キャンペーン

また、学習会は3年生向けのカリキュラムを新規開講いたしました。

いまお得な3大特典キャンペーンをやっていますので、ご確認ください。



学習会は以下のSNSも利用しています

学習会 Facebookページ

学習会 Twitterアカウント

学習会 Google+

中学受験に関する情報や勉強方法などのコツを配信しておりますので、
お気軽にフォローお願いいたします。

いま読まれている記事 >> 早慶に合格者を出し続けている意外な中学校5校とは?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
中学受験情報はこちらから