2020年2月12日水曜日

【中学受験セミナー】考える力を伸ばすと合格力も伸びる【 2020年3月1日】



中学受験セミナーの開催のお知らせ


昨年もご好評いただいた中学受験セミナーを3月1日(日)に開催することになりました。

内容は、説明とともに、下記のテーマでお話させていただきます。


『難関中学校に受かる子の学習習慣』


①中学受験の基礎知識

 ・中学受験はどんな試験なのか?

 ・難関中学校に受かる子の学習習慣

②学習会について

対象:新3〜新6年生の保護者

場所:学習会 大岡山教室

時間:3月1日(日) 10時10分から11時30分(10時受付開始)

「考える力を鍛えよう」をスローガンに、10年以上中学受験専門塾を運営してまいりました。

お子様の合格力アップのためのノウハウを紹介いたします。

学習会の中学受験の実績


がんばった塾生の偏差値の伸び

慶應中等部(偏差値70)合格


 5年生12月時点では偏差値52

吉祥女子(偏差値64)合格


 4年生7月時点では偏差値40

鷗友学園(偏差値60)合格


 5年生5月時点では偏差値42.33


などなど、「考える力」を鍛えると、合格力は伸びます。

新3〜新6年生 応援キャンペーン


セミナーにご参加いただき、冬期講習を受講いただいたご家庭に下記キャンペーンも実施しています。


お得その1: 新3〜新6年生の入会金無料

お得その2: 新3〜新6年生へ2週間の体験授業料無料

お得その3: 新3〜新6年生の本科の主要教材無料



詳細・申込は説明会で。


▼塾説明会申込

 学習会ホームページまたはお電話で。

 03-6425-9495



2020年1月28日火曜日

残り12ヶ月で志望校に合格させるプロ家庭教師について



「塾に通っているのに成績が伸びない」

「受験まで残り1年きったけれども、このままでは第一志望に合格する気がしない」

「子どもの受験が心配で心配で仕方がないが、どうしていいかわからない」

「受験について焦ってしまって、子どもと喧嘩ばかりしてしまう」

このようなお悩みをお持ちの受験生のお父様、お母様へ。


中学受験の指導は特殊な世界です。ノウハウが無ければ指導を成功させることはできません。学習会は中学受験専門塾として中学受験のノウハウを蓄積しています。家庭教師サービスでも中学受験のノウハウを惜しみなく提供いたします。

多くの保護者の方々から「塾に通っているのに、家庭教師はつけたほうがいいのでしょうか?」とご質問をうけますが、費用面で問題がなければ、つけたほうが良いです。


特に、受験まで残り1年を切っても子どもの成績があがっていなかったり、第一志望の合格レベルまで到達していなかったりする場合、塾と同時に家庭教師をつけると学力がものすごく伸びることがよくあります。

もちろん家庭教師にはメリットだけでなくデメリットもありますので、こちらで紹介します。

中学受験生の学力、習熟度のばらつきは大きい


受験生の受験開始時の習熟度のばらつきは中学受験の受験生が一番大きいです。

高校受験の受験生は、中学時代に定期テストや実力テストなどを経て勉強の方法などを覚え、また年次があがる毎に学年全体が受験モードに包まれていきます。

大学受験の受験生は高校生の段階で学力、習熟度によってレベルがわけられており、目指す大学のレベルは学校ごとには異なるものの、その学校内の受験生のばらつきは小さくなります。

それに比べて中学受験の受験生、つまり小学生は受験をスタートする時期も、スタートした時のレベルも様々なのです。

このように学力、習熟度にばらつきがある小学生をそれぞれの志望校へ合格させるためには集団授業ではフォローしきれないことがあります。

家庭教師のメリットとデメリット


そんな時に有効なのが家庭教師です。

家庭教師は1対1での指導となります。クラス授業では発見できない課題を発見し、適切に対応することで伸びない原因を取り除いていきます。

また、中学受験では志望校に合わせた勉強も大切です。指導経験豊富な家庭教師が、志望校合格に向けて指導方針を考え、計画的に受験勉強を進めていきます。

もちろん、家庭教師よりも集団授業が優れている部分もあります。それは、集団の中で見て学ぶという事です。特に3年生4年生のうちは、みんなが勉強しているという中にいる事で、勉強することが当たり前になっていきます。これは1対1では出来ない学び方です。また、家庭教師は1名の教師が1名の生徒にサービスする形になるので、集団授業よりも高コストになってしまいます。

このような家庭教師のメリットとデメリットをふまえて、学習会では通塾している6年生に向けて、塾での学習をフォローしながら、志望校へ効率的に合格するための無駄のない家庭教師サービスをご案内しています。

学習会の家庭教師の特徴


学習会のプロ家庭教師はただ単に問題の解き方を教える先生ではありません。

子どもたちの個性を尊重し、子どもたちの個性にあわせた指導で、残り1年で第一志望の合格力をつけます。

子どもたちの学力を効率的に伸ばすために、まずは伸びない原因を徹底的に分析して、苦手克服のための適切なアプローチをとります。

子どもたちの志望校の傾向から逆算して、子どもたちの学力を計画的に伸ばす指導をします。

授業料について


スタンダードプラン 6,400円/1時間(51,200円/月)


中学受験のプロ家庭教師が指導いたします。何人もの生徒を受験させてきた経験を活かし、お子さんがいま何をやるべきなのかを整理したうえで、塾のカリキュラムとバランスを取りながら指導を進めてまいります。

エキスパートプラン 8,700円/1時間(69,600円/月)


業界最高峰の経験と実績を持つ中学受験のトッププロがマンツーマンで指導いたします。大手塾の現役指導者、校長経験者、最難関クラスの指導経験者など、中学受験の最前線で活躍する講師を揃えています。

【講師像】
弊社が指定する難関国私立中学 (※) の指導合格実績を持つ、学習指導のスペシャリスト。大手塾各社のカリキュラム・教材・テストに精通し、難関中学合格のための学習計画を組み立てるスキルを持つ者。

プレミアムプラン 10,400-18,000円/1時間


エキスパートプランに加えて、教務担当による学習相談が付帯するプラン。ご要望に応じて最高の指導環境をご提供いたします。また、プレミアムプランでは一般的には紹介されない特別講師もご紹介いたします。料金等詳しくは担当者にご確認ください。

【講師像】
エキスパートプランに準じます。

合格実績のある中学一覧


開成、麻布、武蔵、桜蔭、女子学院、雙葉、筑波大駒場、栄光学園、聖光学院、渋谷教育幕張、慶應大系列、早稲田大系列

6年生応援、キャンペーン


学習会では、中学受験する6年生を応援するために3つの割引キャンペーンを実施しています。


学習相談 無料(通常5,000円)


入会金 無料(通常10,000円)


指導料10,000円オフ(初月の指導料のみ)



学習相談は無料となっておりますので、

「塾に通っているのに成績が伸びない」

「受験まで残り1年きったけれども、このままでは第一志望に合格する気がしない」など、中学受験に関して、家庭教師に関してご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

>>お子様の家庭教師に関するご相談はこちらから

03-6425-9495

2020年1月27日月曜日

中学受験直前!本番で失敗しないための5つの心得とは?


1月の埼玉・千葉を皮切りに、今週はいよいよ東京でも中学入試が始まります。

埼玉・千葉で入試を経験した子ども達は真剣そのもので、1日1日と成長していっているのを感じます。

このように日々勉強し、第一志望に合格するレベルまで実力をつけることは大切なのですが、試験当日はいつもとは違う環境で合格か不合格かが決まる試験をしなければならないということで、子ども達には相当のプレッシャーがかかります。

そのようなプレッシャーの下で本当の実力を発揮できないという事象は、子ども達だけではなく私達大人にも発生しうる事象です。

ここでは、子ども達が試験当日にプレッシャーに押しつぶされることなく、真の実力を発揮できるような心得を紹介します。

これらの心得をぜひ子ども達に伝授してあげてください。


受験本番で実力を発揮するための心得①忘れ物をしないためのチェックリストを作る


試験当日にに大切なことは忘れ物をしないことです。

・受験票
・財布
・筆記用具
・時計
・参考書等

これらを忘れないようにするだけなのですが、当日の緊張感もあるためか、毎年1人は何かを忘れてしまうことが起きています。

かくいう著者も、大学受験のときに受験票を家に忘れてしまいました。

試験当日は通常とは異なる心理状態であることをふまえて、前の日に持ち物のチェックリストを作っておくといいでしょう。

以下、毎年受験生に配布している学習会オリジナルのチェックリストをアップロードしました。

特に雪に備えて、濡れた靴下を入れる袋や替えの靴下、保護者用の防寒具など、これまでの経験で役に立ったものをピックアップしています。

ご利用ください。


中学受験前日のチェックリスト



受験本番で実力を発揮するための心得②前日は早めにベッドに入り、十分な睡眠をとること


当日にこれまで培ってきた実力を最大限に発揮するためには、脳のエネルギーが十分でなければなりません。

そのためには前日に十分な睡眠をとっておく必要があります。
試験前日に夜遅くまで勉強して睡眠時間が短くなってしまうのは、次の日の脳には悪影響です。

前日に追い込みをかける必要がないように、前もってしっかりと勉強しておきましょう。



受験本番で実力を発揮するための心得③なるべく新しいことはせず、いつもと同じことをする


脳はリラックスしているときに最高のパフォーマンスを発揮するそうです。つまり、脳をリラックスさせることが大切なのですが、そのためにはなるべく新しいことをしないほうがいいとされています。

試験当日だからといって、気合を入れるためにその日だけ早起きしたり、いつもと違う朝ごはんを食べたりすると脳がびっくりして興奮状態になってしまい、試験に集中できなくなったりします。

また、過去には試験だからといっていつも飲んでいない栄養ドリンクやコーヒーを飲んだところ、体調が悪くなったという子どももいました。

試験当日もなるべく同じことをして、脳をリラックスさせましょう。



受験本番で実力を発揮するための心得④わからない問題があっても焦らずに次の問題に進むこと


試験中にわからない問題が出てきて焦ってしまい、不安が大きくなってパニックを起こしてしまう子どもは多いです。

パニックまではいかないとしても、1つの問題に対して時間を無駄に費やしてしまって他の問題を解く時間がなくなってしまい、いつもは解けていた問題も解けなくなってしまうことはよくあります。

これを回避するためには、子ども達に「わからない問題があっても気にしないで次の問題に進むこと。あなたがわからない問題は、みんなもわからない難しい問題なんだ。」とアドバイスしておいてください。

実際に、難しい問題を1問解けたとしても、その問題のために基礎の問題を複数問落としてしまっては元も子もありません。

わからない問題にこだわるよりも、次に出てくるであろう複数の基礎問題を着実に解答するほうが全体の点数は上がります。


受験本番で実力を発揮するための心得⑤試験が全て終わるまで、友達と話をせず、1人で次の科目の勉強をすること


試験会場に友達がいても話をしないようにしましょう。話をしてしまうと、「あれの答えは何て書いた?」「今回の試験は簡単だったね。」など先程の試験の答え合わせが始まります。

答え合わせをしても時間の無駄です。なぜなら誰も本当の答えは知らないのですから。そのようなことに時間を使うよりも、次の試験のための勉強を1人でしましょう。



子どもにとって中学受験は初めてのことだらけ。親ができることは自信をもたせ、安心させることです。


中学受験は多くの子ども達にとって、初めて自分の進む道を決める真剣勝負のイベントです。

場合によっては志望校に落ちるという残酷な結果も受け入れなければならないため、子ども達は相当な不安と焦りといったプレッシャーを感じるでしょう。

しかし、この受験というプレッシャーを経験し、立ち向かっていくことは、私達がそうであったように、子ども達を大きく成長させます。

子ども達の成長を喜び、できれば志望校に合格できるよう、私達は子ども達に自信を持たせて、安心させるようなフォローをしていきましょう。

最後に、親も忘れ物に注意
このように、子ども達に伝えたい心得についてまとめましたが、実は保護者がミスをするケースが少なくありません。

手続きの締め切りを忘れたり、入試会場を間違えた保護者もいらっしゃいました。

せっかく頑張っている子ども達の足を引っ張らないように、本人以上に注意してください。


学習会の中学受験の実績


学習会は、「考える力を鍛えよう」をスローガンに、10年以上中学受験専門塾を運営してまいりました。

お子様の合格力アップのためのノウハウを紹介いたします。

がんばった塾生の偏差値の伸び


慶應中等部(偏差値70)合格


 5年生12月時点では偏差値52

吉祥女子(偏差値64)合格


 4年生7月時点では偏差値40

鷗友学園(偏差値60)合格


 5年生5月時点では偏差値42.33


などなど、「考える力」を鍛えると、合格力は伸びます。

勉強や中学受験に関するご相談は下記リンクから随時承っております。


>>お子様の中学校受験に関するご相談はこちらから

03-6425-9495





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
中学受験情報はこちらから