2015年6月26日金曜日

2020年の新大学入試を見据えた、中学選びをしましょう。

こんにちは。

学校説明会の季節ですね。


ここのところ、
どの学校でも異口同音に繰り返されるキーワードがあります。


・グローバル人材
・アクティブラーニング
・スーバーグローバル大学(SGU)
・リベラルアーツ
・国際バカロレア(IB)
・PISA型学力
・英語4技能

などなど。

 (検索したらたくさん出てきますので割愛)


これらはすべて、一つのことに集約されます。

2020年に導入される「新しい大学入試」です。

詳しくは中教審の答申をご覧ください。
最後の方のまとめだけ見たら十分です。


要するに・・
生産年齢人口の減少やグローバル化など、社会構造が変わる。
だから、大学教育と大学入試を変えましょう、と言うこと。

具体的には・・
センター試験を廃止して2つのテストを導入する。

新大学入試では・・
「思考力、判断力、表現力」を重視する。




大学入試で問われる能力が変わるわけです。

となると・・
高校、あるいは中高一貫校の大学合格数が大幅に入れ替わる可能性があります。

そうなると・・
中学入試の人気や難易度も大幅に変わります。

重要なことは・・
これから中学入試をする全員が新大学入試となること。


今現在の大学合格実績はほとんど無価値です。
新大学入試に対応できる学校は伸びますし、対応できない学校は下がります。

これまで以上に学校に足を運んで、しっかり見極めることが大切です。



もちろん学校名は出さないし、ただの想像ですが・・


頭のいい子が集まって、自分たちで勝手に勉強して、先生たちもそのことをよくわかっているような学校は、おそらく変わずにトップ大学に合格者を出し続けるでしょう。

2020年に向けて用意周到に学校改革に取り組んでいる学校の中には、2020年以、大きく降飛躍する学校も出てくるでしょう。

とにかく勉強量を増やすことで、MARCHをなんとか増やそうとしているような学校は厳しいかもしれません。



従来型の学力観に従うのではなく、
新しい学力観をよく理解して学校選びをしましょう。





その2020年の世の中・・

2015年6月25日木曜日

中入試での難易度と大学合格実績の差は大きい かえつ有明

東雲にある共学校。
2006年から共学化。

ちょっと変わっていて、
初めの3年間は別学、後の3年間は共学。
以前は4年-2年だったらしいのですが、ガチャガチャするのは前倒しにした方がいいとのことで見直したようです。

校長先生はもちろんですが、
他の先生方もいろいろ考えて、いろいろ取り組んでいる様子。

ガリガリやったらMARCHは増えるけど、早慶となるとそうはいかない、
だからいろいろ考えながら工夫している、という感じ。

早慶の安定的増加は、そう簡単にはいかないとは思いますが、
全体的に底上げされていく期待感はあります。

最近どこの学校でも口にする、グローバル教育やアクティブラーニングですが、
早い段階で意識して実際に取り組んでいる学校の一つです。

そんなこともあってか、
校長先生がICUと都立国際を意識しているとのこと。

昔ながらの伝統的な私立中をイメージしているとギャップがあるかもしれませんが、
方向性が一致しているご家庭の要求には答えてくれそう。


中学募集160名
高校募集80名
新クラス24名、うち中学から8名
帰国生13%


色々考えているからこそ色々なアイディアはあるだろうし、
これからどう落ち着けていくかが気になるところ。

校舎の手入れが行き届いているとよりいいと思うんだけどなぁ。

-----
説明会は・・
7/4(土)1000-1130
8/29(土)1000-1130

説明会情報はこちらから










にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
中学受験情報はこちらから